M&A人材育成塾

「M&Aステップアップ講座」 (平成22年3〜4月 実施済)

 平成22年3月〜4月に、全5回のプログラムで「M&Aステップアップ講座」を実施いたしました。「M&Aステップアップ講座」は、企業の実務担当者を対象に、M&A実務に役立ち、知識を一段高めるための講座です。M&Aフォーラムが開催しました「M&A実践実務講座」の1ランク上級のプログラム内容を設定しました。
  経営企画、関連事業部等でM&Aに携わった経験のあるご担当者、財務、法務部門の方のM&A知識のブラッシュアップ、経営戦略の立案、事業再編・再構築の携わる部門の中級研修にも適したカリキュラムです。
  M&Aに関するカレントな事例、トピックスも取り上げ、分かりやすく解説、業務への活用が可能な講座です。

講座風景

〈セッション1〉 平成22年3月2日(火) 18:30 〜 20:30

テーマ M&A意思決定のメカニズムと最適M&Aスキームの決定
服部 暢達氏
  • M&Aは企業の支配権の移転による株主価値の増大を目指す取引といえる。したがって、買収後のEPSの変動が買収意思決定の要素となる。このような観点からM&Aについての意思決定のメカニズムとそれによる最適スキームをどのように決定していくかを考察する。
講師 服部 暢達氏(一橋大学大学院国際企業戦略研究科 客員教授)

〈セッション2〉 平成22年3月9日(火) 18:30 〜 20:30

テーマ デューディリジェンスの実務荒木 隆光氏
  • デューディリジェンスの目的と意義を詳しく説明するとともに、デューディリジェンスの際の代表的な検出事項を説明し、さらに事例から見た財務上の留意点等を解説する。
講師 三橋 優隆氏(プライスウォーターハウスクーパース 代表取締役副社長)

〈セッション3〉 平成22年3月16日(火) 18:30 〜 20:30

テーマ M&Aを成功させるバリューアップ戦略岡 俊子 氏
  • M&Aを単なる統合プロセスマネジメントの観点ではなく、「イノベーションを起こすための経営改革プロセス」と定義し、その観点で経営陣が持つべき視点、取るべきアプローチをオープンイノベーションの観点で、実体験を踏まえわかり易く解説。日本企業における海外企業の買収における交渉術の勘所についても解説する。
講師 西口 尚宏氏 (産業革新機構 執行役員)

〈セッション4〉平成22年3月23日(火) 18:30 〜 20:30

テーマ 企業再編の会計実務松江 英夫氏
  • 企業統合・企業再編に関する会計・税務を概観するとともに、最近の企業結合会計の実務、会社法における取り扱い等について、実際の企業再編事例を通じて具体的に解説。
    また今回は、IFAS(国際会計基準)の内容や導入の意義などについてもわかりやすく解説する。
講師 中島 康晴氏(新日本有限責任監査法人 シニアパートナー)

〈セッション5〉平成22年4月8日(木) 18:30 〜 20:30

テーマ 最近の判例を踏まえたこれからのM&A実務

ハダママサミ氏

  • M&Aについての日本の裁判事例は多くはないが、出された判決は、M&A実務に多くの影響を与えている。この観点から、今までの判決の傾向や問題点など事例をあげて解説し、これを踏まえたM&Aの実務をどうすべきかを述べる。また、近時話題となっている少数株主の買取請求についても解説する。
講師 葉玉 匡美氏(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)