M&A人材育成塾

「M&Aステップアップ講座 2013」  (実施済)

 「M&Aステップアップ講座2013」は、平成25年2月に、全5回のプログラムで実施いたしました。
 M&Aフォーラムが開催している「M&A実践実務講座」から1ランク上級のプログラム内容を設定しました。M&A実務の基礎知識のステップアップを意識して、M&Aの入口から出口までの実務のレベルアップとともに近時のM&A事例から交渉のポイントや現場に役立つヒントを学べる講座です。
 講師は、カリキュラムに合わせて、M&Aのそれぞれの分野の第一人者が担当しています。
 すでに「M&A実践実務講座」を受講された方を始め、経営企画、関連事業部等でM&Aに携わった経験のあるご担当者、財務、法務部門の方のM&A知識のブラッシュアップ、経営戦略の立案、事業再編・再構築の携わる部門の中級研修にも適しています。週2回の講義を実施し、業務への負担を軽くした短期集中講座として開催しました。


講座風景

〈セッション1〉 日本のM&Aの現状と方向 事例に学ぶ交渉のポイントと留意点
平成25年2月1日(金) 18:30 〜 20:30

講師:福田 直樹 氏(みずほ証券梶@投資銀行部門 ディレクター)

1.企業価値評価(バリュエーション)福田 直樹 氏
  • 評価手法と公正な価値
  • 会計・税務のインパクト
  • フェアネス・オピニオン
2.M&A手法(ストラクチャー)
  • 海外における上場会社の買収
  • 日本の三角合併
  • 株式対価の公開買付
3.M&A契約書(ドキュメンテーション)
  • クロージング条件、表明保証、補償、違約金、etc
  • 取引保護条項、条件付対価、合弁

〈セッション2〉 M&A成功への実務 AからZ

(その1) 日時:平成25年2月5日(火) 18:30 〜 20:30
(その2) 日時:平成25年2月8日(金) 18:30 〜 20:30

講師:岡 俊子 氏
((株)マーバルパートナーズ (旧社名:アビームM&Aコンサルティング) 代表取締役社長)
岡 俊子 氏

0.M&Aを成功に導くKFS(Key Factor for Success)
1.どう建て付ける?
2.だいたいの価格はわかるか?
3.DDでは何をするの?
4.情報が漏れてない?
5.実態価値はいくら?
6.最大いくら出していいか?
7.どうやって価値創造するか?

〈セッション3〉 欧米のM&A 事例を中心にデューディリジェンスからPMIまで
平成25年2月12日(火) 18:30 〜 20:30
講師:竹田 年朗 氏
(マーサー ジャパン(株) グローバルM&Aコンサルティング プリンシパル)竹田 年朗 氏

1.健全なガバナンスに求められる着眼点
2.組織・人事のデューディリジェンス
3.経営者リテンションと「人事三権」の確立
  • 経営者リテンション・経営者報酬の要諦
  • M&A「人事三権」の確立
4.組織統合の構想と実施
  • ポスト・クロージング施策
  • 人事制度統合

〈セッション4〉アジア地域のM&A 各国の事例を中心に現場に役立つ実務とヒント
平成25年2月15日(金) 18:30 〜 20:30
講師:小黒 健三 氏
(代官山ビジネスコミュニティ合同会社 代表社員/公認会計士 (元PWC  シニア・マネージャー))

序論.アジアM&Aの基本を見つめなおす小黒 健三 氏
  • アジアM&Aのどこが大変か?
  • プロが構築してきたM&Aの装置
  • さらに大きな障害
1.アジア案件の評価をどうするか?
  • DCFの割引率の議論
  • 評価の基軸としての市場調査・ビジネス調査
  • 国ごとに評価をどう考えるか?
  • 多国籍にわたるアジア関連の案件は?
2.アジアM&Aのリスクへの対処
  • 2重帳簿
  • 危機管理
  • 契約条件によるリスク回避
  • 避けにくいコンプライアンス・イシュー
3.アジア案件のスキームの注意点は?
  • トランザクションの基本形
  • 持分比率
  • シンガポールや香港の活用
  • アジアで特徴的なオフショアスキーム